avatar
らす子



鈴鹿セブンマウンテン【竜ヶ岳】登山レポ
後編をお送りしたいと思います★
雨の中の山頂~金山尾根ルートです。




山頂 12:25

金山尾根

宇賀渓キャンプ場 15:00

下り:金山尾根ルート

大雨の中登頂をし、下山していくところでした。

帰りは登りと違うルートの金山尾根を選択。

本当は頂上でカップ麺とレトルトカレーを

食べる予定でしたが、雨と風で断念。

下りはザーザー降りの雨でやむことはありませんでした。

立ち止まったら体温が奪われ動けなくってしまいそうで

休憩もせず、飲まず食わずでノンストップで下りました。。笑
(なんかの修行か?)
滝行

金山尾根のほうが距離が短い分、急な斜面が多く、

滑らないように息を整えて1歩1歩慎重に下りていきました。

砂利や砂地、岩場、どこも雨に濡れてつるつるで

いつどこで滑ってしまうか分からない状況でした。

旦那太郎は、寒さなのか筋力の限界なのか、足が震えて満身創痍。。

見ているこっちが申し訳ない気持ちに。。

こんな過酷な登山に連れてきてしまって本当にごめん。。

もう急斜面すぎて手をつかないと降りれないレベル。

ここ滑りそうだなーーーと思っていたら、、

ズザザーーッ

泥の中滑る旦那太郎


行きと帰り道を変えてしまったせいでどの辺りなのか全くわからず。

本当に地上に下りたてられるのか途方もなく感じました。。


途中で2組ほどすれ違いましたが、50代後半の方たちで

こんな土砂降りの雨の中、こんな急斜面で下りるのに

かなり時間がかかるんじゃないかなと思いました。

無事に下山できることを願いつつ、無心でひたすら下りました。
無心



ようやく金山尾根ルート入口の看板発見!!!

うわ~~やっとか~~と思いきや、ここからも長い。本当に長い。

駐車場って書いた看板あったのに長い。

川の音がだんだんと大きくなってきていることだけが

唯一の希望でした。


line_139531510019166
14:25魚止滝

ようやく川に到着。

旦那太郎のズボンがすごいことになっていたので川へ洗濯に
line_139527995348074
ズボンを脱いで、バシャバシャ洗って絞りもせず

濡れたままのズボンを履く旦那太郎。

濡れることへの抵抗感全くなし笑


晴れた日に来れたら絶景が望めたのにな~~。


関連記事


スポンサードリンク