こんにちは!


今日おちょやん終わりの『あさイチ』を見ていたら

目を疑いました。


『たった3日間で二度と散らからない片付け術』


そんなことあり得るのか!!!


片づけられない人たちの“最後の駆け込み寺”として有名な

カリスマ片づけアドバイザー・石阪京子先生の

どんなに片づけられない人でも必ず片づく、しかも

1回やれば絶対リバウンドしない「石阪メソッド」を

特集していました!


どこにも行けない長期休暇に、家族で3日片づけに

挑戦してみてもいいですね☆
ではそのメソッドを見ていきましょう!


1回やれば絶対リバウンドしない「石阪メソッド」

二度と散らからない
家一軒まるごと全部出し
片付けの順番を守る

二度と散らからないためにはこの2点が重要のようです!!


1つ目の鉄則、

家を「丸ごと」片付けること!


「一軒まるごと片づける」とは、

「収納されているものを一度すべて全出し」するということです。

集中して取り組めば3日でできるそう。。

そして、どんなにモノがあふれている人でも、

自分には無理だと思っている人でも必ず片づき、

しかも絶対にリバウンドしないとのこと!!


私もそうですが、多くの人はキッチンだけきれいにするとか、

クローゼットだけきれいにするとか、

一番気になっている部分だけを片づけることが多いのですよね。

ですが、家の一部だけを片づけるのはリバウンドの原因に



モノは流動的なので、1ヵ所だけ片づけても

すぐに他の場所から押し寄せてきてしまいます。

一生散らからない家を作るには、

部屋割りやモノの収納場所から考えなおし、

もっと根本を変える必要があるようです。


片付け方法


2つ目の鉄則、

片付けには正しい順番がある!


基本的にはこの順番に。
事前準備
片付ける前に家族で作戦会議!

必ず家族でどんな暮らしをしたいかの理想を語り合う。
部屋割りを話し合う。

いつでも人を呼べるお家にしたい
家族一緒に映画を見て過ごしたい
何がどこにあるか把握したい



日目:クローゼット・タンスの中を全部出す 
(全体量を把握、要、不要を分けて仮置き)

 今絶対いる洋服は?今後も着る?
 1年以内に使った?あることを忘れてなかった?
 今度本当に使う?

個人のものを片付けてから家族の共有物を!



日目:キッチン、洗面所など
(キッチンも全部出し、ゴールデンゾーンを意識して収納)

シンク下:ボウル、まな板など
コンロ下:鍋、フライパンなど
手が届くところ=ゴールデンゾーン
:しゃがんだり背伸びしなくてもよく使用頻度の高いものをしまう
引き出しの下:お菓子、保存食



日目:リビング、玄関、クローゼットの中を収納。
書類は袋にいれてまとめておく。
個人のものはそれぞれの洋室へ。

リビングの散らからないためのルール
家族への思いやり!
個人のものを置かない!
家族共有で使うものだけ!
置きたい場合は枠を決めよう!

収納
奥:備蓄品やアルバム
手前:衛生用品、書類、文具


まとめ

全部出すってちょっと面倒そうですけど・・・

いつもダイニングテーブルやリビング手テーブルに

モノが置いてあっても、「仕方ない」「まぁ、いいか」と

やり過ごしてきて、外出して家に帰ってくると

「汚なっ」て思うことが度々ありました。。

家で過ごす時間が増えて、他人と気ままに触れ合えない分、

日々の暮らしを快適にするのもいいかもしれません。
一度奇麗になったら

きれいにしておかなきゃと意識すると思うので

根気いれて大型連休に試してみたいと思います!!

みなさんもぜひ一緒に、試してみましょう


スポンサードリンク