7月26日(水)

水曜日は、ようやく今年の3月にあげることができた
結婚式について書いていこうと思います


2020年4月に結婚式をあげる予定が、
コロナの影響で延期。
さらに8月に予定するもそれも延期。

3度目の正直で
今年の3月に念願の結婚式を開催。


今思うと開催しようとしていた時期
全部コロナが盛り上がってるときだw


●“第1波”と初の「緊急事態宣言」(2020年3月~5月ごろ)
2020年4月結婚式当日の新規感染者数:588人

●“第2波”と飲食店への時短要請(2020年7月~8月ごろ)
2020年8月結婚式当日の新規感染者数:600人

●オミクロン株の急拡大と“第6波”(2022年1月~)
「まん延防止等重点措置」が東京や大阪、愛知、北海道など
18道府県はさらに3月21日まで延長
2022年3月結婚式当日の新規感染者数:63,650人


1回目は得体の知れないウイルスが流行ってさすがに延期。

2回目はウイルスは夏には死滅するだろうとふんだけど
全然感染力が落ちず、熱にも強いウイルスだと分かり延期。

何年か経てば落ち着くだろうと思ったけど
どんどん増える一方で、
次はもう延期できなかったのでなかなか日にちが決められず。。


3回目は、これだけ延期したんだから
意味をもった日にあげたいと思っていました。

その間、友達が次々と結婚式をあげていき
祝福しつつも、複雑な気持ちで過ごしていました。


しばらくして、意味をもった日は
結婚記念日にしようと思い、近い日にちを予約しました

結婚式をあげる1か月前、
旦那太郎が4月からタイで働くことが分かり
物理的に延期することもできなくなるっていうw

会社の上司から
「タイに行くこと分かってたんじゃないかってくらい
タイミング良い日にするなあ」って言われたって😂

結婚式は5か月前には予約してたから偶然なんだけどねw
タイに行く日が先だったらほんと面倒なことになってた



本当は1回目の結婚式をあげれたら一番良かったです。
それは私に限らず、結婚式をあげようとしていた方々
みんなが思っていること。

でも延期をして、結婚式に対して考える時間があたらめてできて
しっかりと準備をした上であげられることができたのも事実です。

1回目にもしあげていたとしたら、
3回目のクオリティで当日を迎えることは100%不可能でした。

時間をかけて手作りをして、
コロナ過の中足を運んでくれた皆さんに
少しでも楽しんで喜んでもらえるよう
全力を尽くしました。

結婚式を挙げられなかった悔しい、悲しい思いを
すべて出し切れたと思います。
0407

そんな私たちの想いの詰まった結婚式を
毎週ご紹介させていただきたいと思います




ここまで読んでいただき、ありがとうございました
コップンカー

スポンサードリンク